賃貸住宅は相続税対策になると聞きますが・・・ 本当に相続税対策になるのでしょうか?

はい、相続税対策になります。

その部分を簡単にご説明いたします。

1.現金より不動産の方が有利です。なぜなら現金は100%の評価(1億円なら1億円)ですが、不動産は約60%の評価(1億円なら6000万円)となります。

2.次にマンション建設をするときに借入(ローン)をすると、相続時にそのローンも相続人は相続します。つまり負債分を相続財産から控除されるのです。

3.土地・建物を賃貸することによって、借地権割合、借家権割合がそれぞれ下がるため、相続税が少なくなります。

詳しい説明は、お近くの税理士か弊社担当までお問い合せ下さい。

※最新の税率は自治体の関連窓口までお問い合わせください

 

中野建設の土地活用はこちら

無料相談会 建物に関することはなんでもお気軽に中野建設株式会社へ。メールでのお問い合わせ

本社 〒491-0912 一宮市新生4丁目1番7号 MAP TEL.0586-45-4351 FAX.0586-46-0260

名古屋支店 〒461-0001 名古屋市東区泉3丁目17番10号泉ビル2F MAP TEL.052-931-3141