フローリングはワックス次第で仕上げも手間もちがいます!

本日「フローリングの種類・メンテナンス・コーティングについて」というテーマでセミナーを受講しました。

床をガラスでコーティングするというのもで、一度施工すれば使用状況にもよりますが、20年前後はワックスがけが不要になるという代物。

合板はもちろんのこと、無垢材や病院、学校の施工例も紹介されました。

実際のサンプルで汚れの落ち方を実演したのですが、その効果は歴然です。

写真はコーティングしてある部分と未施工部分をマジックで汚し研磨スポンジでこったものです。分かりにくいですが、未施工部分は表面が剥がれモヤっとしているのに対し、コーティング部分はツヤっとしたままでした。

写真には映らない美しさがあります。

たしかに愛着のある我が家を丹精込めてワックスがけをすることも大切だと思います。

その一方で家具を動かしたり、古いワックスを剥離する手間やコーティング後は水拭きだけで済むと考えれば、20年の効力はありなのかな?っと思いました。

何より剥離は薬剤で自分でもできますが、後々のことを考えればそれもプロにやってもらった方が良い状態を保つとの説明でした。

もしご興味があればお問い合わせください。

本社 〒491-0912 一宮市新生4丁目1番7号 MAP TEL.0586-45-4351 FAX.0586-46-0260

名古屋支店 〒461-0001 名古屋市東区泉3丁目17番10号泉ビル2F MAP TEL.052-931-3141